2017 全日本ロードレース 第6戦ツインリンクもてぎ 公式予選

2017/08/19

ノックアウト予選を勝ち抜いたのは野左根航汰。中須賀克行は虎視眈々と決勝レースでの挽回を狙う。津田拓也が予選3番手。

AB6I1152_3

全日本ロードレース第6戦「TWIN RING MOTEGI 2&4 RACE」の公式予選が開催された。今大会はノックアウト方式が採用された。

全車が走行するQ1で26台に絞り、上位6台は自動的にQ3進出となる。26台で行われるQ2で上位4台がQ3に進出、Q3は10台による計時方式でポールポジションから10番グリッドまでを決定する。予選11番手以下はQ2の結果となる。

AB6I2324_2

朝から低い雲が垂れ込めたツインリンクもてぎであるが、Q1の途中からは陽の光が射す天候となった。そのQ1でトップに立ったのは中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)ただ一人48秒台に入れる1分48秒743。自身の持つコースレコードまでコンマ3秒にまで迫る。2番手はチームメイトの野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)1分4秒214。3番手には津田拓也(ヨシムラスズキMOTULレーシング)1分49秒448。ここまでが49秒台。4番手は高橋巧(MuSASHi RT HARC-PRO. Honda)1分50秒202。5番手は渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)1分50秒418。6番手に高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)1分50秒453。この6台はQ3に進出する。

AB6I1851

続くQ2。Q3進出する6台を除く20台によるタイムアタック。この中から上位4台がQ3に進出する。Q2で気を吐いたのが山口辰也(TOHO Racing)1分50秒420でトップ通過。2番手に藤田拓哉(YAMALUBE RACING TEAM)、3番手に市販のBMW S1000RRでワークス相手に闘いを挑み続ける酒井大作(Team Motorrad39)、そして、最後の最後、それまで8番手にいた清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)が4番手に食い込みQ3進出を決めた。

AB6I2335_2 10台によるタイムタックのQ3。まず野左根が真っ先にコースイン、その後ろにピタリとつける中須賀。「(野左根)航汰は17インチで調子良く走っている。対して自分は未だに手こずっている。航汰の後ろで明日はどうやって料理してやろうかと(笑)と、じっくりとみさせてもらった」と中須賀。「ピタリと後ろにいるのはエンジン音でわかりました。必死で逃げていました(笑)」と野左根。両者とも一度ピットインして新品タイヤでコースイン。共に譲らず49秒前半のタイムで周回を重ねる。野左根が1分48秒794のタイムでトップに立つと中須賀がラストアタック、しかしわずかに及ばず1分48秒959。野左根がJSB1000クラスで初ポールポジションを獲得する。中須賀は悔しい2番手。しかし決勝レースでの組み立ての巧さは定評がある。虎視眈々と逆転勝利を狙っている。

AB6I2158_2

予選3番手は「鈴鹿8耐で進化したマシンに今大会からエンジン制御などの面でレベルの高いものが使えるようになりマシンがまとまってきた」と言う津田。序盤に1分49秒145のベストタイムを出したが、いつもなら一番を狙うためにプッシュするところだか「Q3はある程度のタイムを出したら明日の決勝レースにむけてペースの確認をしたかった」と連続周回を重ねる。49秒台でラップできたことに手応えを掴んだようである。

AB6I1135_24番手には49秒台の自己ベストタイムで高橋裕紀がつける。1分49秒385。高橋も決勝レースに向けて連続周回を重ねた。「アベレージタイムも上がった中で一発のタイムも出せたのが良かった」と高橋。

AB6I1165_25番手には渡辺一馬1分49秒731、6番手に高橋巧1’49.984。ここまでが49秒台。以下藤田拓哉、山口辰也、清成龍一、酒井大作、と続く。明日の決勝レースは雨が降るのか、ドライでいけるのか。非常に微妙な天候だが白熱したバトルが観られると思う。

AB6I2144_2

全日本ロードレース第6戦「TWIN RING MOTEGI 2&4 RACE」公式予選上位10位は以下の通り。

ポールポジション:#5 野左根航汰 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 1’48.794
2:#1 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 1’48.959
3:#12 津田拓也 ヨシムラスズキMOTULレーシング 1’49.145
4:#72 高橋裕紀 MORIWAKI MOTUL RACING 1’49.385
5:#23 渡辺一馬 Kawasaki Team GREEN 1’49.731
6:#634 高橋巧 MuSASHi RT HARC-PRO. Honta 1’49.984
7:#9 藤田拓哉 YAMALUBE RACING TEAM 1’50.090
8:#104 山口 辰也 TOHO Racing1’50.348
9:#88 清成龍一 MORIWAKI MOTUL RACING 1’50.671
10:#39 酒井大作 Team Motorrad39 1’51.073

Photo & text : koma

AB6I1578_2

AB6I0336_2

AB6I1924