2017全日本ロードレース 第8戦 岡山 ART合同走行

2017/09/29

AB6I9809岡山大会開幕。ART合同走行、総合トップは中須賀克行、2番手に野左根航汰、3番手に渡辺一馬。

 AB6I0804_2

全日本ロードレース第8戦「スーパーバイクレースin 岡山」が岡山県:岡山国際サーキットで開幕した。

朝から快晴、澄んだ空気の中で2本行われたART合同走行。1本目、2本目共にトップタイムを出したのは中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)1分28秒264。中須賀は2本とも28秒台に入れる。17インチタイヤに合わせた走りを掴んだのか、上位陣では最多の50周(2本合計)を走った。前戦オートポリスの優勝からリズムに乗れてきたのか、事前テストでも速さを見せた。

AB6I9716

2番手に上り調子の野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が同じく28秒台の1分28秒857。野左根の1本目は1分29秒508、コンマ7秒タイムアップした。今シーズン成長著しい野左根の岡山での走りに注目が集まる。

AB6I93973番手には前戦オートポリスでもトップタイムを出した渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)1分28秒879。この上位3台が28秒台。

AB6I1203_2

以下、4番手に高橋巧(MuSASHi RT HARC-PRO. Honda)1分29秒189、5番手に現在ランキングトップの津田拓也(ヨシムラスズキMOTULレーシング)1分29秒218、6番手に昨年の岡山大会レース2で優勝、岡山をホームコースとする山口辰也(TOHO Racing )1分29秒257、7番手に高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)1分29秒267、8番手に加賀山就臣(Team KAGAYAMA)1分29秒458、9番手に藤田拓哉(YAMALUBE RACING TEAM)1分29秒521、10番手に酒井大作(Team Motorrad 39)1分29秒868であった。

AB6I9457 photo & text : koma